【子育てのヒント】クソババア!クソジジイ!と子供に暴言を吐かれたら、親はどう対処すればいいのか?_ok

■(1)スポットライト型


小さい子どもというのは、下ネタや汚い言葉にかなり興味を持ちますよね。

子どもたち同士のやり取りを聞いてみると、結構色々な言葉を口にしているんですよね。

小さい子どもが下ネタや暴言を口にしたくなるのは、その言葉を口にしたときに「リアクション」があるからだと考えられます。

周りが顔を見合わせてしまい、親は顔を赤くして・・・そんな状況ってよくありませんか?それから、年上の子が使っていたので「カッコイイと思った」という理由で、口にすることもあります。

ただ、そのままでは「口の悪い子」になってしまうので、しっかりと正してあげることが必要です。

そういった場面では、リアクションをせずにスルーするのが1番効果的です。ただし、スルーをすれば消えていく下ネタとは違って、「クソババア!」などの暴言は、その言葉によって相手を傷つけることになるので、しっかり注意をする必要があります。

それでも暴言を止めない場合には、「怒られる=ママがボクをかまってくれている=嬉しい」と、子どもがポジティブにとらえている可能性があります。

そうなったら、日々のコミュニケーションにもっと注力して、愛情表現を増やしてあげてください。

続きは次のページで!!
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。