【涙の物語】生後4ヶ月で「余命3か月」と宣告された赤ちゃん。母「どうせ長くない」そう思い生きることに。しかし医師からある言葉を聞いて・・・_ok



中村美幸さんの長男・渓太郎くんは、小児がんにより1歳4ヶ月という短い命を終えました。

美幸さんは、渓太郎くんの看病をしながら『生と死』に向き合い続けてきました。

そしてその1年の看病の中で、様々なことを学んだ美幸さん。

11月28日には、ブログを公開し『胸を打たれた医者の言葉』を教えてくれました。

この医者の言葉や美幸さんの考え方に、多くの人が深く考えさせられる事となったのです。

気になる続きは次のページ

※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。