【涙の物語】生後4ヶ月で「余命3か月」と宣告された赤ちゃん。母「どうせ長くない」そう思い生きることに。しかし医師からある言葉を聞いて・・・_ok

余命宣告をした医者が見ていたのは??



渓太郎くんは、生後4ヶ月のときに小児がんが発覚しました。

そして主治医の佐藤先生からは『余命3か月だ』と宣告されたのです。

渓太郎くんの小さな体には、点滴や採血、手術の痕などが残り、とても痛々しい処置をたくさん受けることになりました。

そして美幸さんは、ここから24時間の付き添い看護をすることになりました。

しかし心のどこかで「生後7か月で渓太郎は天国へと旅立ってしまうのか」と、いつも絶望を感じていたそうです。

そんな中、佐藤先生からある提案をされた美幸さん。

この時に、自分のネガティブすぎる考え方に失望したと美幸さんは語ります。

一体、佐藤先生はどんな提案をしてきたのでしょうか??

気になる続きは次のページ
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。