【食と健康の嘘】まだその話を信じてるの?食と健康にまつわる「間違った常識10選」を大公開!!_ok

その1、動物性タンパク質のほうが優れている


タンパク質の話題になると、必ず「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」の、どちらが優れているのか?という話になります。

一般的に「動物性たんぱく質」の方が優秀だというイメージがあるのですが、これがそもそもの間違いなのです。

人間のタンパク質に近いから、動物性たんぱく質の方が植物性たんぱく質よりも優れていると言われています。

しかし、人間の体の中でタンパク質が生成される仕組みを知れば、この常識が間違っているってことに気づきます。

タンパク質というのは、タンパク質から作られているのではありません。

「アミノ酸」から作られているのです!つまり、動物性たんぱく質を摂取したからといって、体の中のタンパク質を作る材料になるというわけではないのです。

その2、生野菜は消化に悪く体を冷やす


生野菜は消化に悪くて体を冷やすので、加熱してから食べたほうが良いという常識があります。

しかし、生野菜を食べないと健康被害を増やす原因になるのです!

生野菜を食べないと、体にはどんな悪影響が及ぶのか??

続きは次のページで!!
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。