【不思議現象の正体】死の直前に体験する「お迎え現象」ってなに?「虫の知らせ」って本当にあるの?_ok



宮城県在住のIさん83歳は、5年前に千葉県で暮らしている長男が、ひょっこり帰省したことをずっと憶えている。

長男は昔、不良少年だったので、Iさんは長男を見るたびに小言を言うのが癖になっていました。

長男は結婚をしていい年齢になっていたのですが、それでも母親であるIさんにはやはりついつい反発をしてしまう所がありました。

なので、久々の長男の帰省でも、やはり大ゲンカになってしまい「二度と敷居をまたがせない」「上等だ! こんな家もう絶対帰ってこないからな」となるのが、いつものパターンでした。

続きは次のページで!!

※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。