【世界の不思議】500年も凍っていた少女が発見された!解剖すると様々な真実が明らかとなり、実はこの少女・・・_ok



1999年に発見された、氷漬けの少女。

アンデス山脈で発見された子どもたちのミイラは、氷漬けになり500年も眠り続けていたのです。

この子どもたちは、どうやら『生贄』にされて、アンデス山脈の中で亡くなったと考えられています。

しかも氷漬けになっていたので、子どもたちはほとんど原型をとどめた状態で、発見されています。

さて、このミイラを様々な角度から分析してみると、衝撃の事実が発覚しました。

1999年にアンデス山脈にある、ユーヤイヤコ山という標高6739mの場所で、2体の子どものミイラと一緒に、この少女のミイラが発見されました。

続きは次のページで!!
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。