【お得な裏技】「医療費控除」で”市販薬”も”ジム代”も取り戻せちゃうって本当!?お得な8つのポイント大公開♪_ok

その1、 医療費控除の対象になるのは”治療目的”のもの


治療をするためであれば、”市販薬“も”マッサージ“もどちらも医療費控除の対象になります!

簡単に言えば『治療のため』に使った医療費は医療費控除の対象になります。

ただ、『美容のため』『健康増進・疲労回復のため』『予防のため』に使った医療費というのは、医療費控除の“対象外”になりますので注意してください。

ちなみに今後は、一定の市販薬を1年間で1万2千円超で購入すると“所得税”が安くなるという特例が設けられる事にもなっています。

こんな感じで、医療費控除の対象になるものは“あくまでも治療のため”の費用だってことをお忘れなく!

この大前提を踏まえて、様々な費用が医療費控除の対象になる事例がありますので、そちらも詳しくご紹介しましょう。

皆さんが利用する“アレ”の費用も、実は医療費控除の対象になる可能性があったのです・・・

続きは次のページで!!
広告は2秒後に閉じる事ができます。