【便利な心理学】会えば会うほど好意を持たれる「ザイオンス効果」とは?仕事に生かすテクニックも伝授!_ok

■心理学の「ザイオンス効果」について



「ザイオンス効果」について吉田さんに話を聞きました。

吉田さん「ザイオンス効果とは、初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものでも、何度も見たり、聞いたり、知ったりすることで、次第によい感情が起こるようになってくるという効果のことです。ザイオンスの単純接触効果や、ザイアンス効果などと呼ばれ、1968年にアメリカの心理学者ロバート・B・ザイオンスが論文で発表したものです」

■「ザイオンス効果」で実感できる効果





吉田さんいわく、「ザイオンス効果は以下の3つに要約されることが多い」そうです。

①知らない人に対して人は攻撃的・冷淡な対応をする

②会えば会うほど人は人に対して好意を持つようになる

③相手の人間的な側面を知ったとき、人はより強く相手に好意を持つようになる

気になる続きは次のページでチェック→
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。