【不眠改善】ぐっすり寝たはずなのに…どうして眠いの?特に女性に多い「睡眠障害」タイプを5つ解説!!_ok

◆「睡眠障害」について





アメリカ人のおよそ3人に1人が、「夜よく眠れていない」状態なんだそうです。

人間が寝不足になってしまうと起こる問題は、昼間に倦怠感や眠気を感じるだけではありません。

アメリカ疾病対策センター(CDC)が発表した内容によると、睡眠不足が太り過ぎ・うつ病・糖尿病などの様々な病気のリスクの上昇に関係しているそうです。

「睡眠障害」とは、睡眠の質・量が低下する問題が繰り返されること。

この睡眠障害には、病気が原因で起こるタイプ、そうではないタイプがあります。

基本的に何らかの睡眠障害の症状を繰り返し経験している人は、成人の75%近くにものぼり、最近では子どもでも睡眠が妨げられている割合が30%に及ぶことが推定されています。

気になる続きは次のページでチェック→
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。