【孤独を感じる心理】今すぐに誰かに抱きしめてほしい…でも誰もいない…そんな寂しいときの対処法とは?_ok

■「誰かに抱きしめてほしい」と思ってしまう心理





①誰かに「今の自分のままでも大丈夫だ」と言ってほしい



もっとも多くの人が感じている、「このままの自分でいても大丈夫」という安心感がほしい心理です。

人間は、仕事・恋愛・人間関係などがイマイチうまくいかず、その解決法が浮かばないと「もう終わりなんだ…」だとネガティブに勘ちがいしてしまいます。

この時に感じる「終わり」とは、すべてのことがダメになって「ひとりぼっち」になってしまうこと。

現代を生きる人間にとって一番の恐怖ともいえるのが…「孤独」です。

周囲の人間に嫌われて無視され、最後にはひとり孤独になって、ポツンと寂しく生きることを想像し、怖くなってしまいます。

そして、この「孤独」への恐怖心が強い人ほど周囲に「嫌われたくない!」「無視されたくない!」と思い、毎日やみくもにがんばってしまうわけです。

そしてこの「孤独」の反対側にある心理が、「あなたはここにいていいんだよ」という存在の許可なんですね。

気になる続きは次のページへ→
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。