【病気の豆知識】「統合失調症」は自覚が難しい病気です!あなたの「違和感」も危険!セルフチェックしてみましょう_ok

統合失調症ってどんな病気?


統合失調症は「思考・感情・行動」という統合機能が、長く低下する精神障害です。

周りが比較的気づきやすい「陽性症状」と、わかりにくい「陰性症状」があります。

自分の考えをまとめたり、言動を一貫することが難しくなります。

そして、その場に応じた振る舞い、順序立てなどができなくなるのです。

陽性症状もしくは陰性症状が2つ以上でて、社会生活などの機能が半年に渡り低下している場合、統合失調症の可能性が考えられます。

では、陽性症状と陰性症状について詳しくご説明します。

続きは次のページで!!
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。