【考える】見かけだけで女性のことを判断した男性。しかし実はその女性というのは・・・驚きの結末をどうぞ!_ok

「こんにちは!元気?」

女性はニコニコしながら、僕の横に座ってきた。

女性はとても大きなお尻を座席に押し込み、じっくりと腰を下ろして体を座席にはめていた。

もはや彼女と僕の間には、隙間など残っていなかった。

体をずらし、ナイスポイントを見つけた彼女は、大きな腕を僕と彼女の間にあるアームレストに乗せた。

僕たちの列は、彼女の体でいっぱいいっぱいになってしまった。

僕も座席も小さくなっていくように感じた。

僕は体を小さくして、窓にもたれかかることにした。

すると彼女は、かなり人懐っこい終えを出し、僕にまた挨拶をしてきたんだ。

彼女の顔が僕の頭上にあるので、僕は彼女を見るしかなかった。

「どうも」と言った僕の声には、嫌悪感が混ざっていた。

気になる続きは次のページ
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
広告は2秒後に閉じる事ができます。